コラム

どう違う? 地元の工務店とハウスメーカー

1:どちらを選ぶか考え方次第ですが・・・・

ハウスメーカーも工務店も、どちらにもメリットとデメリットがります。
結論から言えば、『どのように家を建てたいか』によります。

ざっくりといえば、

  • ハウスメーカーは品質の安定した規格の住宅を少し割高だけれども手間がかからず任せられる
  • 工務店は要望を聞いて1つの家を作ってくれるけれど、色々と手間と時間をかける覚悟がいる

ハウスメーカーの家は全国どこでも施工できるように規格化された商品です。
あまりこだわりが無く、安心第一で細かな部分はお任せでいいという人はハウスメーカーを選択することもあると思います。
細かな要望や、こだわりがある場合は、どちらかと言うと地場の工務店がお勧めです。
地場の工務店は、お客様の要望を聞き、それを形にするように1からプランを進めていきますので、工務店の方がご要望が通りやすいと言えます。

ハウスメーカーでも地場工務店でもお客さまのご希望に合わせてくれますから、希望内容をかわかりやすく伝えることが、間違いのない家づくりにつながります。
ハウスメーカーなら、既存の商品ラインナップからプランに近いものを提示してもらえ、要望に合わない部分も見えて来ます。

工務店なら、細かなこだわりなどや質問を伝えることで担当者や工務店の力量が測れるとともに、ソリが合うかも見えて来ます。
具体的なプランがまとまっていれば、大きなブレのない見積が可能になるので、数社を比較する場合などに役立ちます。

【施工業者を選ぶ前に考えてほしいこと】

まずは自分の理想とする家のイメージを具体的持つことをお勧めします。

そのために、住宅展示場や家づくり関連の本をよむことも1つの方法です。しかし、理想的すぎる展示場の建物や建築家のこだわりがぎっしり載った資料を読んでも、自分のイメージにピッタリ合わないと感じたときは『戸建支援.com』がお役に立てると思います。

まずはどんな家を建てたいかをまとめて(できれば絵にして)から相談することをお薦めします。
掲載しているプラン集からイメージに近いものを選んでダウンロードしてください。
家族で意見を交わすツールとしても、自分のイメージを工務店等に伝えるツールとしても、理想のイメージに近づく一歩になると確信しています。

「戸建支援.com 」は、設計施工に入る前の理想の家のプランづくりをお手伝いをさせていただきます。

2:建築コストの違い

大手ハウスメーカーは住宅展示場や一等地にある営業店舗、立派なカタログ、1秒あたり数百万円のTVコマーシャルなどの広告宣伝費が使われています。一方で規格化、大量仕入れ、業務の効率化により、品質を維持しながら工事価格を下げる工夫も行われています。

ハウスメーカーは、受注まではハウスメーカーの営業が行い、契約後の施工に関してはそのエリアの工務店が行っている事も多く見られます。昨今の建築ブームの中ではハウスメーカーは、その時に手が空いていて安い価格で請け負ってくれる工務店を選ぶことになりますが、メーカーとしての基準は満たしている工務店なので、それなりの技術はあります。

また、大手ハウスメーカーの場合は独自の工法開発等をして耐震強度や断熱等の性能を高めており、その点では信頼がおけます。

工務店は、中堅大手を除いて、規格化された工法などを持っていないので、お客さまの要望を聞いてから設計を初めます。

3:ハウスメーカーで建てた場合のメリットとデメリット

デメリットは工務店のメリットでもありますが・・・。
大手ハウスメーカーのメリットは、

  1. 会社の規模が大きく、社会的な信用・保証があり安心
    • 一方で、自社の商品しか売ることができないため、 プラン、仕様等、思ったほど自由にならない。
  2. 住宅ローンなどの資金的な世話や、仮住まい、引越しまで提携先があり、すべてお任せできる場合が多い。
  3. 住宅展示場やカタログ等が豊富でどのような家が建つかわかりやすい。
    • 一方で、広告宣伝費用、展示場経費、人件費のコストがかかるため、地場工務店と比較し価格が高い。
    • 多くの場合、契約までは標準仕様、契約後に詳細打ち合わせとなることも多く、追加金額がでやすい。
    • また、工期短縮のため、規格品が多用され、自由度が引く、規格品以外を指定すると価格は高めになる傾向があります。
  4. デザイン力があり、プレゼンテーションが早くてわかりやすい。
    • プレゼンテーションがうまいのは、膨大な過去事例を持っているので、良いデザインのケースや成功事例を集めたものであることを念頭に於いてください。
  5. 営業、設計、工務がそれぞれ教育・管理されていてしっかりしている場合が多い。
    • 一方で、営業、設計、工務がそれぞれ分担するため、1つの家をトータルに理解して担当する人がいないため、建て主さんにとっては誰が責任者なのかわかりにくく戸惑う事がある。
    • 実際に建てるのは地域の工務店の場合が多いので、心配な方は、商談を進めて行く中で、『この工事はどこの工務店が請け負いますか?』と質問して見るのもよいでしょう。

4:地域の工務店で建てた場合のメリットとデメリット

【メリット】

  1. 基本的に注文住宅のためどのような要望にも応えられる。
    • 一方で、人件費がかさみコストにはね返るケースもある
  2. 広告宣伝費用が抑えられるためハウスメーカーより低価格に繋がることもある。
    • 大量仕入れができないため、仕入れ材料のムダや、運賃や雑費、仕入れ額などが変動しやすく建主さんが戸惑いやすくなる。
  3. 工務店独自のこだわりがあり品質面でも独自の自信のある家造りが見られる。
    • こだわりの押しつけがある場合もある。
  4. 工事全体(設計、見積、工事の細部まで)を一人の担当者が受け持つところが多く、建主さんが解りやすい。
    • 見積、申請などに手間と時間がかかることが多い。
  5. 建物に付帯する設備機器や造作棚等の家具などの使い勝手に合わせた変更などの自由度が高い。
    • 定価格ではないので、その都度価格が変動することがあります。発注前に金額の確認をすることをお薦めします。
  6. 工務店と一緒になって進めていくので、自身も家づくりに参加できる。
    • その分手間もかかります。

【デメリット】

  1. 会社の規模が小さくなんとなく不安。
  2. カタログや展示場が無い為どのような家が建つのかイメージしにくい。
    • 自社施工例を紹介・見学させてもらうことをお薦めします。
  3. 定形の家造りではないので、工期も一定せず長引くこともある。
  4. 極端ではないが、工務店によっては品質にバラツキがある。
  5. 施工を専門とする工務店も多く、住宅ローンなどの手続きは建て主側で別途必要となるケースもある。

5:地場工務店の選び方

【工務店の選び方】

技術力もピンキリですから、どの工務店を選ぶかが大きなポイントになります。
地場で数十年営業を続けていて着工棟数が多い工務店は、技術力が高い水準であるといえます。
地場でやっていくならば、悪い噂が流れれば一瞬で仕事がなくなりますので、地場で長いこと営業している会社は、技術力は低くないと考えられます。

ここ数年伸びてきて評判の良い会社の場合、施工の不備は数年後に出てくるものもあり、それらが発覚していない場合があるので少し注意が必要かもしれません。
また、長年営業をしていても新築を数多く扱っていない場合は要注意といえます。リフォームやリノベーションで評判の良い工務店であっても、基礎や躯体構造に対してのノウハウが薄い場合があります。

【こんな点に注意!】

残念ながら、家づくりに関わる業者の中には悪質なところも存在します。
担当者の説明が下手、知識が乏しい、質問しても明確な答えが返ってこない・・・。
当たり前ですが、このような業者は総じてレベルが低いといえます。

ただし、個人の差や質問の内容にもよるので、誠実な対応をしてもらえる場合は、ある程度容認してもよいでしょう。度重なるようであるなら、担当者を替えてもらうのが良いと思います。
しかし、知識が豊富で、誠実な対応はしてくれるけれど、情報を出さない、デメリットを話さない、契約を急がせるなどが見受けられた場合は、要注意といえます。

さらには間違いを認めない、他社をけなす、責任の回避をする、などが見受けられた場合は即刻付き合いはやめましょう。
他社をけなす発言をする業者というのは、自社技術に対して自信がない場合が多いです。
契約を急がせる会社は「契約を結んでしまえばこちらのもの」というかなり悪質な会社である場合が多いです。

▲ページの先頭へ